CVCLAB

「CVCLAB」とは、Career Value Creation Laboratoryの略です。

キャリアの価値創造を研究し続けていきたいという想いから名付けました。

平成28年4月より、キャリアコンサルタントの資格が国家資格となり、これまで以上にキャリア支援のお仕事に関わる方、また関わりたいとする方が増加すると思います。

激変する社会情勢等から人々のあらゆる環境が変化し、キャリア形成支援の在り方も臨機応変に順応していかなければならないことも多々あるかと思います。

キャリアコンサルタントが提供するキャリアコンサルティングは、これまで以上に高い質を求められていることからも、私たちは、キャリアコンサルタントの育成・指導に少しでも寄与していきながら社会に貢献していけたらと願っております。


CVCLAB代表

小林幸彦(コバヤシユキヒコ)

1965年9月27日生まれ

 【経歴】

20代前半、大手アパレルメーカーで新規ブランド事業立ち上げに関わり、従業員のマインド形成やモチベーションが事業の成功の鍵になることを実感。しかしながらこの時期、バブル崩壊の波がアパレル業界を襲い瞬く間に新規事業は廃部になる。

20代半ばでキャリアチェンジを図り、学生時代から関心のあった音楽業界へ転身、若手アーティストの育成やプロデュース事業に関わりコミュニケーションの戦略や様々なコーディネート戦略を学びながら、同時期に教育業界での学生就職支援に関わる。

全国系専門学校で若年者のキャリア形成支援活動を行いながら氷河期時代の就職難の環境下、多くの若者を社会に送り出し、この頃から改めてキャリア形成支援について意識を強く持ち始め、様々なキャリア理論を学びバックグラウンドを強化していく。

30代になって大手総合商社の事業会社へ転職。営業から店舗企画開発、従業員の採用、教育、育成まで一貫して関わり7年間ほどで独立。企業内で人財を活かすためのプロセスを研究しながら独自の教育プログラムを展開。

現在、外部企業従業員教育関連事業会社の取締役を務めながらCVCLABを立ち上げている。

 

 

【資格】

●国家資格・1級キャリアコンサルティング技能士

●国家資格・2級キャリアコンサルティング技能士

●国家資格キャリアコンサルタント(登録)

●一般社団法人日本産業カウンセラー

 

【加入団体】

●キャリアコンサルティング技能士会 関東支部

●一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 神奈川支部