私は1級キャリアコンサルティング技能士の資格を取得するまでに、

平成25年度(第3回)平成26年度(第4回)の検定試験で面接試験について2度の失敗を経験しています。

 

平成25年度の一度目の挑戦で学科は一発合格、実技の論述も合格でしたが、面接試験が問題把握力・具体的展開力において数点足らずでダメでした。

平成26年度の二度目は絶対受かるという意気込みで対策的な講座にも何度も受講して、ロジカルに面接展開が出来るように準備をしていたはずなのですが、

論述は合格したものの、面接で総合点では合格域に入っていたにも関わらず、具体的展開力の項目で1点足らずでまたもや不合格でした。

 

合否発表当日PCで結果を見たときは目の前が真っ暗になったことを覚えています。

 

学科合格の有効期限がいよいよ平成28年3月末までと迫り、

平成27年度(第5回)の検定試験が自身の最後のチャンスだと考えて、面接の進め方や展開方法を実務で徹底的に研究・工夫して試験に臨みました。

また、平成26年度(第4回)から論述の問題に微妙な変化(問題の表現変化)があったことから、どのような出題になっても冷静に対応出来るように気を抜かず何度も練習を重ねてきました。

 

結果、平成27年度(第5回)の検定試験で合格を勝ち取ることが出来たのです。

これまでの1級の試験の中で一番難関(実技合格率4.47%)であった試験に合格出来たことは本当に嬉しい限りです。

これまで指導いただいた先生方に感謝するとともに、これから試験に挑む方々の合格に少しでも寄与出来ればと考え、最新の取り組み方を伝授していきたいと思います。

 

前置きが長くなりましたが、CVCLABの指導特徴は、

私自身が経験してきた苦悩を活かし、同じ悩みや不安を抱えている受検者の方々に寄り添い、

確実に理解を深められるように丁寧に指導していく事が出来る事です。

 

論述試験では問題視点の捉え方やその表現方法、

そして面接試験では、特に、問題把握力と具体的展開力の点数をアップするための面談の進め方、

表現方法等、具体的に指導することが出来ます。

 

技能検定合格への学習を通じ、

キャリアコンサルティングの知識や実践力を一緒に学び、

結果、質の高いキャリアコンサルティングを提供出来る人同士のネットワークが出来ればと考えています。

 

お気軽にご相談いただけたらと思います。